学校案内

学校職員挨拶

ようこそ 横浜看護学校へ

学校長 平原史樹

院長写真 学校長よりのメッセージをお届けします。本校はすでに50年以上の長い歴史を有する本邦でも伝統ある看護学、看護実践を学ぶ場です。本校は学び舎の歴史よりもさらに長い70年の歴史をもつ国立横浜病院を母体に誕生しました。現在は独立行政法人国立病院機構横浜医療センターの機関として附属横浜看護学校と位置付けられて多くの看護師を育成し、さまざまな医療機関、教育研究機関等の世界へと巣立たせています。
 県内には横浜医療センター、神奈川病院、箱根病院、久里浜医療センター、相模原病院の5病院が国立病院機構病院としてそれぞれの専門性、特色を生かして地域の方々へ最新の医療を受けていただけるよう日夜診療に励んでおります。本校では、この多様なニーズに合わせて急性期のみならず、回復・慢性期、療養ケアー等の総合的な医療プロフェッショナルとなれるよう、高度な知識と幅広い能力を持った看護師の育成を目指しています。本校を巣立った卒業生たちは県内の国立病院機構の病院におけるスタッフをはじめ、全国の国立病院機構、また多くの医療機関、教育研究機関等さまざまな施設の重要な地位に就き、歴史と実績を積み重ねております。
 看護は医療の中で根幹を占める重要な業務で患者さん、おひとりおひとりに丁寧に対応することから、豊かな人間性を備えるとともに、近年の高度な医療技術も習得しなくてはなりません。幅広い人間性を涵養し、高度な医学知識、看護理論、看護技術に加えて国際性を持ち合わせた真の医療プロフェッションを育てる場を本校が担っており、その教育、研修には充実した手厚い教育体制で対応しております。今後さらに進む地域包括ケア―の体制に備えたケアー管理、地域支援、また高度な看護技能を求められる専門看護師・認定看護師等への道も本校で学んだ後に存分にひらかれており、プロフェッショナルのキャリアパスを描く原点としての学ぶ場でありつづけたく考えています。本校に学ぶ学生さんには奨学金制度の充実もはかられております。多くの志のある人材が本校で学び、医療に、社会に貢献することを願っております。


なりたい自分やりたい看護を目指して共に学びませんか

副学校長 内山紀子

副学校長  本校は、1学年80名定員の学校で、横浜市の西南端に位置し、鎌倉、江ノ島、逗子海岸に近い閑静な環境の中にあります。
 生命の尊重、豊かな人間性、高い倫理観、科学的知識に基づき主体的に行動できる看護実践者の育成を目指しています。
 最新の設備を備えた校舎と第一線で活躍する医師、看護師による先端の医療、看護が学べ、看護実践力が身につく学習環境です。
 個を育み、相手を思いやる気持ちを大切に、「自分で考え判断し行動できる看護師」の育成に努めています。
 母体病院である横浜医療センター及び神奈川県内の国立病院機構病院の相模原病院・神奈川病院・箱根病院・久里浜医療センターの5施設が連携し、皆さんの学習を支援いたします。
 さあ、あなたの目指す看護を私たちと共に歩みませんか。

職員集合写真